タバコで健康を害する理由は?

タバコで健康を害する理由は?

タバコは健康に悪いということは良く知られています。
そもそも、なぜタバコで健康を害するのでしょうか。
今回はタバコで健康を害する具体的な理由を詳しくご説明します。

 

タバコの煙には約4000種類の
化学物質が含まれています。
そのうちの200種類以上が、
ニコチン、タール、発ガン物質、
一酸化炭素などの有害物質です。

 

これらの有害物質は肺の肺胞から吸収されるのですが、
それ以外にも口腔、気道、胃、腸管粘膜からも吸収されるのです。
ですから、長期にわたって喫煙していると、
肺だけではなく、様々な臓器や
組織に障害を起こして、疾患が生じます。

 

特にガン、虚血性心疾患、慢性閉塞性肺疾患は、
喫煙関連3大疾患と呼ばれています。
それ以外には妊娠に関連した
異常なども影響も多く見られます。

 

特に今回は、ガンについて喫煙との詳しいメカニズムを解説すると、
タバコの煙に含まれる発ガン物質ベンゾピレンが体内で活性化し、
DNAとくっつきます。これがDNA複製のときに、
突然変異や断裂などを起こします。
こういった遺伝子変異が蓄積することで、
細胞がガン化すると考えられています。
このように、タバコを吸うことで、
健康に害を及ぼすという実験データや研究結果が
多く発表されています。

 

またタバコを吸う人以上に
その周りを漂う煙を吸う人の方が
健康被害は非常に大きいのです。
主流煙を1としたときの副流煙の発ガン物質濃度は、
30倍〜40倍近くまで増加し、これは非喫煙者であっても、
肺がんなどの死亡率を2倍前後高めているというデータがあります。

 

このように、タバコは喫煙者本人も、
受動喫煙となる周りの人にも、
健康に大きく害を及ぼすのですね。

 

自分自身と周りの健康のためにも
禁煙するといいです。
ハーブがメインの禁煙サプリを使うと
比較的楽に禁煙できますよ。
禁煙サプリのレスモの口コミと禁煙できる理由

レスモで楽々禁煙習慣!

イライラしないでくストレスを溜めずに
副作用なしで↓無理なく禁煙できます!