離煙パイプは、妊娠中や授乳中でも使える?

離煙パイプは、妊娠中や授乳中でも使える?

離煙パイプは、妊娠中や授乳中でも使えるでしょうか?

 

禁煙成功率の高さから、離煙パイプを始めようと考えている方は大勢います。

 

ですが、離煙パイプが一体どんなパイプなのかや、どのような仕組みになっているのかまではご存知ない方が非常に多いようなので、離煙パイプで禁煙できる理由と、妊婦さんや授乳中のお母さんが使用できるのかどうかについてお話したいと思います。

 

まず、離煙パイプは、今までの禁煙グッズとは大きく異なり、いきなり禁煙をするわけではありません。

 

正しく言えば、喫煙しながら禁煙するという方法です。

 

離煙パイプとは、タバコに特殊なパイプをつけて吸うことで、ニコチン量を徐々に減らしていくことができます。

 

これにより、禁煙できない一番の理由「ニコチン依存症」から抜け出すことができ、確実に禁煙へと導くことに成功した禁煙法です。

 

そのため、病気はもちろん妊婦さん・授乳中のママさんには、ニコチンを少しはとるわけなのでおすすめできる方法ではありません。

 

パイプ自体には有毒性がないので使用は可能なのですが、妊娠中や授乳中の喫煙は赤ちゃんの健やかな成長に多大な悪影響を与えます。

 

そのため、完全にタバコを断つ禁煙方法ではないので、できるだけ使用しないというのが望ましいでしょう。

 

もちろんタバコを吸うよりは、はるかに良いのは確かです。

 

私自身も喫煙歴が長かったので、妊娠したからいきなり禁煙するというのがどれだけ大変か身をもって経験しています。

 

ですが、生まれた子供の元気な姿や、その後の健やかな成長を見ると、頑張って禁煙したのがとても正しい選択だったと心から思えました。

 

妊娠や授乳というのは人生の中で長い期間ではありません。

 

この時期をなんとか禁煙で乗り越えようとしても、それでもまだ喫煙してしまうようであれば、是非その時は離煙パイプを試してみてくださいね。
離煙パイプで禁煙できる仕組み

 

なお、ハーブの力で禁煙できるサプリのレスモなら、ニコチンが入っていないので妊娠中や授乳中も安心して飲むことができますよ。
禁煙サプリのレスモの口コミと禁煙できる理由

 

レスモで楽々禁煙習慣!

イライラしないでくストレスを溜めずに
副作用なしで↓無理なく禁煙できます!

離煙パイプは、妊娠中や授乳中でも使える?関連ページ

離煙パイプの全成分と特徴
禁煙成功率が高くて人気の離煙パイプがどのような素材で作られているのかということと、どのような特徴があるのかというお話をしたいと思います。