妊婦や授乳中でタバコを吸うとダメな理由

妊婦や授乳中でタバコを吸うとなぜダメなの?

妊婦さんや授乳中のお母さんは
禁煙が推奨されていますね。

 

タバコを吸うと、どうしてダメなのでしょう。
今回は、妊娠中や授乳中の女性が喫煙すると、
どのような悪影響が出るのかご紹介します。

 

まず、妊婦さんのタバコの影響について解説しましょう。
タバコは、200種類以上の有害物質が含まれています。

 

そのタバコに含まれる主成分であるニコチンは、
胎盤や子宮の血管を収縮させ、胎盤の血流を減少させます。
それにより、胎児の血流まで減らしてしまいます。

 

またタバコに含まれる一酸化炭素は、
ヘモグロビンと酸素の結合を阻害するため
胎児の慢性的な酸素不足を引き起こし、
呼吸運動を抑制させてしまいます。

 

これらの作用により、
妊婦さんの喫煙によって、胎盤異常が増加します。
具体的には、早産は非喫煙妊婦さんの1.5倍、
前置胎盤は2.6倍、早期胎盤剥離は2.5倍、
また流産も増えます。

 

胎児側への影響は、子宮内胎児発育不全(IUGR)、
低出生体重児、乳幼児突然死症候群(SIDS)
起こる可能性が非常に高くなります。

 

また、妊婦さんの喫煙は、赤ちゃんが乳児期になってから、
肺機能が低下する可能性もあると言われています。
小児期や成人期の呼吸機能の障害にも
つながりやすいとの指摘もあります。

 

次に授乳中のタバコの影響についてですが、
タバコに含まれるニコチンは母乳の産生を抑制すると言われています。

 

また、母乳は血液ですので
ニコチンが含まれた母乳になります、
その母乳を飲んだ赤ちゃんは、
不機嫌、不眠、嘔吐、下痢、
急性ニコチン中毒の症状が出ることがあります。

 

ただし、母乳はお母さんからもらう免疫力や、
多くの疾患予防などメリットの方が非常に大きいため、
人工乳を与えながら母親や喫煙するくらいならば、
喫煙後数時間空けてニコチン濃度を下げてから
母乳を与えても良いとの見解が学会等でもなされています。

 

しかし、いずれにしても妊娠・出産する
女性と赤ちゃんにとって、
タバコは悪影響以外の何者でもありませんので、
妊娠をする前から禁煙することが望ましいとされています。

 

最後に、妊婦さんや授乳中の
お母さんの喫煙だけではなく、
受動喫煙も赤ちゃんに悪影響です。
母乳に含まれるニコチンよりも、
むしろ周りの人の受動喫煙の方が、
赤ちゃんにSIDSなど、より多くの
悪影響をもたらす可能性が非常に高いので、
受動喫煙にも注意することが大切です。

 

ぜひ、禁煙して元気な赤ちゃんを
産んで育てましょう。
今は、ハーブがメインの禁煙サプリメントも
ありますので比較的楽に禁煙できます。
禁煙サプリのレスモの口コミと禁煙できる理由

レスモで楽々禁煙習慣!

イライラしないでくストレスを溜めずに
副作用なしで↓無理なく禁煙できます!