タバコを吸うと口臭や歯が茶色くなるの?

タバコを吸うと口臭や歯が茶色くなるの?

タバコを吸うと口臭がくさくなり、歯が茶色くなってきます。
これにはちゃんと理由があるのです。

 

タバコに含まれているニコチンやタールの臭いが
混ざることで口臭がくさくなるのです。

 

タバコに含まれているニコチンやタールだけが原因の間は、
タバコをやめれば臭いもなくなります。

 

しかし、タバコによって口臭がくさくなるには
もう一つ理由があるのです。
それは、歯周病です
歯周病は喫煙者のリスクファクターの一つで、
非喫煙者に比べ、2〜9倍もリスクが高いとされています。

 

歯周病は、口の中の菌(歯周病菌)によって発生するのですが、
健康な人なら、その抵抗力でそう簡単には歯周病になりません。
しかし、タバコを吸うとニコチンのせいで血流が悪くなります。
そのため、免疫力が下がり、歯周病になってしまうのです。
そして歯周病菌によって歯茎がどんどん黒ずみます。

 

また、タバコのタール(ヤニ)で歯は黄色くなっていき、
歯石も茶色く染まっていき歯はどんどん茶色になっていきます。

 

さらにタバコに含まれる一酸化炭素の作用で、
ヘモグロビンの酸素が一酸化炭素に置き換わると、
酸素供給不足になり、歯周病の回復のための
組織細胞の新生が阻害されてしまいます。

 

血流が悪く組織も生まれ変わらないと
いうような悪循環により、
歯茎が徐々にやせ細っていき、
歯周ポケットと呼ばれる
歯と歯茎の隙間が大きくなります。

 

その歯周ポケットで歯周病菌が炎症を起こし、
歯肉炎、歯周炎へと発展していきます。
こうなると、歯茎の炎症や膿みのせいで
口臭は、ますますくさくなっていきます。

 

こうして、タバコを吸うと口臭や歯が茶色になっていくのです。

 

口臭が気になる方は、すぐに
禁煙したほうがいいです。
気持ちだけでなかなか実践できない方は
ハーブでできた禁煙サプリメントもあります。
飲んで試してみてください。
禁煙サプリのレスモの口コミと禁煙できる理由

レスモで楽々禁煙習慣!

イライラしないでくストレスを溜めずに
副作用なしで↓無理なく禁煙できます!